地方の薬剤師さんって格好よくないですか?求人票に条件あるのかな?

忘れられない薬剤師さん

初めての出産のことです。ある薬剤師さんのおかげでとてもいい思い出になりました!

夜の8時半。陣痛が始まり、母と二人で病院へ行きました。対応してくださった薬剤師さんは、私の緊張をほぐしてくれるような、気さくでお姉さんみたいな方でした。

ベットに横になって約二時間。陣痛がくるようにたくさん散歩したので疲れてしまい、襲ってくる眠気。

それと陣痛の痛みで唇が震えたのをよく覚えています。

今までの中で1番の痛みがくると同時に、あの薬剤師さんもナース室から駆け付けてくれました。

いよいよ出産が始まります。他にも先生がきてくれて、四時間くらい踏ん張りました。

夜中の3時を回ったくらいに、あの薬剤師さんがまた来てくれました。息み方が分からなかった私に、お姉さんみたいに優しく強くリードして教えてくれました。

そのおかげであっという間にお産が進みました。

ドア側に立って、端からじっと見守ってくれていました。

赤ちゃんが出てきて、私は手をあげてガッツポーズ。

なんと!帰る時間だったのに、心配だったからずっと残ってくれていたとのこと。

私はいい薬剤師さんに当たって良かったーとひと安心。

それから1週間、入院生活があります。若い薬剤師のみなさんはとても親身になって対応してくださいました。

料金が安い大部屋で赤ちゃんと過ごしました。母乳で育てたかったので、毎日赤ちゃんと私は授乳の練習をしました。ギャン泣きする赤ちゃん。私は神経質で周りが気になってしまいました。

 

四日目、あの薬剤師さんに相談しました。私は涙が止まりませんでした。『そうだったのか、気付かなくてごめんね?』と言ってくださいました。私が悪いのに…

 

個室に移動させてもらい、だいぶ気持ちが楽になりました。

その薬剤師さんとはたくさん話をしました。なんとリーダーの方だったんです。

そういえば、妊娠中に受けたセミナーの講師をしていたなぁ…と思い出しました。

 

あの薬剤師さんの力のおかげで出産と入院生活をプラスの思い出にすることができました。

ウチの赤ちゃんも絶対に薬剤師求人地方がいいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です