文京区で働く薬剤師が教える「薬のお金が返ってくる方法」

セルフメディケーション税制をご存じですか?テレビコマーシャルで女優の綾瀬はるかさんが紹介しているので聞いたことがある方もいるかと思います。さて、この税制はどのようなものかざっくり言うと「ドラッグストアなどで販売されている対象の医薬品を一定額以上購入すると減税が受けられる」というもので、今年(平成29年)の1月1日から開始され、12月までに購入した医薬品が減税の対象となります。

具体的な減税の内容について説明しますね。この申請は年末の確定申告で行われます。まず購入した医薬品の購入額が1万2千円を超えた金額に応じて減税を受けることができます。例えば1年で2万円の医薬品を購入した場合ではその8000円分が減税の対象(控除額という)となります。ただ残念なことに8000円がそのまま減税で返ってくるわけではありません。所得税と住民税がそれぞれの計算方法によって算出され、そこからの減税となります。所得が400万円の方を例にあげて減税額がどれくらいになるかシュミレーションしますね。

まず所得税は控除額の8000円×所得税率20%=1600円が減税となります。

次に住民税(地方税)は控除額の8000円×個人住民税率10%=800円が減税となります。

合計で2400円が減税となります。人によっては少しと感じるかも知れませんがそれでもお金が返ってくるのは嬉しいですよね!

セルフメディケーション税制の申請について年末の確定申告で行われるのですが、申請にあたっては対象となる医薬品を購入したことを証明する為にレシート等を提出する必要があるとされています。レシートには商品名、金額、セルフメディケーション税制の対象商品という旨、販売店名、購入日が明記されている事が求められているので、対象の医薬品を購入した場合はレシートを大切に保管しておきましょう。

さて税制の対象となる医薬品についてどれが対象となるのかわからないと疑問を持つ方がいらっしゃるかと思います。でも大丈夫、対象の医薬品には「セルフメディケーション 税 控除 対象」というシールや表示がされているのでしっかり確認してくださいね。

セルフメディケーション税制について紹介しました。今の季節風邪を引きやすい方などは風邪薬にかかるお金が高額になることもあるかと思います。ぜひこの制度を利用して経済的な負担を減らしましょう。以上、文京区在住の薬剤師が教える「薬のお金が返ってくる方法」でした! ※薬剤師 求人 文京区